クレジットカードの審査は年収について

クレジットカード即日発行

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが利用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ショッピングをするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いて申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていない可能性があると思われてしまうからです。

また、ここ最近で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、クレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に受かることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があると分かっていれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカードを発行している会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

カード審査では年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

クレジットカードと雇用形態

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります