クレジットカードの審査って?主婦が本当の年収を語る

クレジットカード必要な時

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜかというとカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むクレジットカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

クレジットカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなくかかって来る可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人の場合は現金払いだと思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと利用ができません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているからこれから作る信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

クレジットカードと審査

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレジットカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として継続して安定した収入があると分かっていれば返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した年収などの情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

職場の人にあまり知られたくないことといえば例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。