今話題のクレジットカードの審査の年収って?

クレジットカード審査落ちたら

最近ではクレジットカード払い限定のチケット販売があるので申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金を引き落とすための口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入が継続しているとわかれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、非正規雇用の場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場合が増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は貸せる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うと非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

クレジットカード収入証明書が大事

クレジットカードを申し込んだ際にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを使っている方はいいのですが使っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

場合によってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

クレジットカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。