クレジットカードの審査が年収ことのメリットとデメリットは?

クレジットカードと銀行の関係

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行は不可能です。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを抱えていてもクレカは作れるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いてクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

クレジットカード作るの初めて

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はクレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでクレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に受かることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いのみ対応なんていうこともあります。

クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

ローンやクレジットカードの審査時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業なども正社員なら安定継続した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中にはクレジットカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな方向から年収情報を見ているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。