楽天のクレジットカード審査はアルバイトでも通る?

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

クレジットカードを申し込んだ際にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

買い物に行った時に便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返ってこないということが1番避けたいことです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをしてWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが利用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、審査結果がその日のうちにわかります。

合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

買い物に行った時に便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは便利ですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングでお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはクレジットカード払いのみ対応などほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などはどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

最近ではクレジットカード払い限定のチケット販売があるのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、間違えることがないように気をつけましょう。